アパマンショップ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日(11月5日は臨時休業です)
2019年01月13日
ブログ

平成30年7月豪雨から半年が経過しました。

災害から半年たった現在、被災地では265世帯710人の人口減少が確認された。

復興はまだ道半ばだ。

東広島市では河内町で人口が減少している

最大の人口減少地区は三原市本郷町だ。

東広島市河内町は2.7%(38人)に留まっている。

やはり元々過疎化が進んでいた地域にはかなり厳しい結果となっているようだ。

 

現在の東広島市は表向きは平穏になっている。

みなし仮設住宅に入居していた方も徐々にご自宅に戻られたりしており、

再建が進んでいる。

広島県では2019年1月6日現在で仮住まいなどに住んでいる方は約2,600人だそうだ。

被災者全体では約13,500人である。

この内、岡山県が約8,700人と突出して多い。

これは町全体が沈んだ真備地区の影響だ。

 

ちなみに仮住まいの内、賃貸マンション等を活用しているみなし仮設住宅にお住まいの方は約10,800人である。

我々の活動が少しでも役に立っていることを誇りに思う。

 

東広島市の災害の後についてだが、実はまだあちこちで道が通れない所もあるし、片側交互通行という所もある。主に山間部の道だ。

人口密集地域が先に復旧復興の対象となっているのだろう。

ただ人口密集地域でも山崩れの跡は残ったままだ。

直しようがないというのが正直な所だろう。

崩れた跡を見る度にきちんと避難の準備はしなければと思う。

災害が風化されず、きちんと地域の教訓として残ればとも思う。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward