アパマンショップ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日
2018年03月07日
ブログ

マイクロンメモリジャパン広島工場が大型投資を継続へ

2018年3月2日にマイクロンメモリジャパンの親会社である米半導体大手マイクロン・テクノロジーのサンジェイ・メイロトラ社長が東広島市を訪れた。

広島工場がDRAMの新しい技術の開発を進めるため、生産設備や技術開発に投資をしていく。

世界有数のDRAM拠点

DRAMの需要が増えている。

DRAMとは多様な製品にしようされる半導体メモリーだ。

人工知能やビッグデータの解析、スマートフォンなど最新のテクノロジーに必要な部品だ。

そして今最も需要が伸びているかもしれない部品でもある。

そして品質の向上も課題となっている。

例えば自動運転技術では1秒以内で膨大な情報を処理しなければならない。

処理が遅ければ自動運転自体が無理だからだ。

そのためには研究開発が必要となる。

 

マイクロンメモリジャパン広島工場ではマイクロングループの中でもDRAMに関しては最も先進的な拠点らしい。

そこに人材を投資、世界でも有数の工場にしていく計画だそうだ。

ただ、深刻な人材不足でもあり、技術者の確保は容易ではない。

そのため海外からも多くの方が広島工場に勤めに来広される。

当店でも多くの海外の方と契約をしてきた。

その傾向は今後も変わらないだろう。

 

ちなみに広島工場の敷地は約19万3700平方メートルの広さで、

国内最大の工場だ。(東京ドーム約4個分の広さ)

 

東広島市に及ぼす影響力は経済的なだけでも大きく、

なくてはならない存在だ。

今後もどのような展開になるのか目が離せない。

 

最後に、マイクロンメモリジャパン広島工場にお勤めになる方は

是非、当店でお部屋探しをして頂ければと思います。

通勤しやすい場所のご提案や、ご家族でお引越しの方の戸建て賃貸など

様々なお部屋を取り揃えておりますので、きっとよいお部屋をご提案できます。

 

皆様のご連絡を心よりお待ちしております。

 

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward