アパマンショップ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日
2018年01月11日
ブログ

一年の始まりは宮島から♪

2018年1月10日水曜日。

今年も当社は社員全員で宮島に参拝致しました。

毎年、1月の営業再開後の第1水曜日に行くのが恒例行事となっている。

恒例行事に参加しつつ変化を探ってみる

今年も宮島へ行って参りました。

宮島と言えば赤い大鳥居が有名ではありますが、

写真はスターバックスコーヒーでございます。

そう、宮島にスターバックスコーヒーが出来たんです。

2017年11月22日にオープンしたそうです。

店名は「スターバックスコーヒー厳島表参道店」。

何だか厳かな感じの店名です。

お店に立ち寄る時間は無かったのですが、外から店内を見ると満席でした。

さすがスタバ。

宮島でも大人気でした。

そして久々に宮島に来て思ったのは新しいお店が多いという事。

特にカフェが多い。

宮島の観光客は近年増加の一途であり、街全体が活気に満ちていた。

主に外国人観光客のいわゆるインバウンドが観光客の増加の要因だ。

 

東広島市も実は外国人の居住が多い。

観光客ではないが、広島県の外国人の居住割台は県下一だ。

 

これは広島大学がグローバル大学を目指すに当たり、留学生の総数を増やしていることなが要因の一つとなっている。

さらには工場も多く、マツダ(株)の下請け会社や、マイクロンメモリジャパンなどの大きな工場も多く、労働者も多い。

 

さて話を街の活気という点に戻すとやはり宮島は観光で成り立っている街なので観光客の数は地域経済に大きく影響すると考えられる。

そして東広島市が活性化するにはやはり人口が増えなければならない。

地方都市は人口の流出に苦慮しているが、東広島市では近年では緩やかになったが、増加している。

東広島市としては20万人都市を目指しており、あと一歩という所で足踏みしているという状態だ。

東広島市としては街が活性化するために

子育てするなら東広島市

移住するなら東広島市

というサイトを作って街を盛り上げようとしている。

東広島市もこのまま人口が増加し、活気が溢れる街になれば最高です。

 

そして宮島の話しに最終的に戻るだが宮島のご利益で有名なのは「交通安全」です。

ついで「必勝祈願」と言われています。

交通安全は平清盛が日宋貿易で財を成した時に海上交通を祈願した事が大きいと言われています。

必勝祈願は毛利元就の厳島の戦いや豊臣秀吉が参拝した事からだと言われているます。

その他にも

「家内安全」「試験合格」「商売繁盛」「縁結び」

などのご利益があると言われています。

まぁなんというか様々なご利益があるものだなと改めて思った次第です。

でも毎年無事にお仕事させて頂いているのもこのお蔭かもしれません。

今年も一年間、地域に必要とされる会社であり続けるよう頑張りたいと思います。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward