株式会社プランニングサプライ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日(8月11~14日はお盆休みとなります)
2021年06月19日
ブログ

2021年10月より家庭ごみの分別方法が変わります

東広島市の家庭ごみの分別方法が2021年10月より変更となります。

現在は10種類でしたが、今後は11種類になる予定です。

新しいごみ処理施設が完成します

東広島市は現在建設中の「広島中央エコパーク」が稼働する10月より家庭ごみの分別方法が変更となります。

広島中央エコパークとは東広島市・竹原市・大崎上島町でつくる広島中央環境衛生組合が建設するごみ処理施設の事です。

現在、東広島市西条町上三永にて建設中です。

このゴミ処理施設の特徴として「シャフト式ガス化溶融炉」を採用している点が挙げられます。この溶融炉を利用し高温で溶かす事によって今まで埋め立てるしかなかったゴミも溶かす事ができるようになる。つまり「燃やせるゴミ」となるゴミの対象が増えるという事らしい。さらに埋め立てゴミをなくし、最終処分がゼロになるという。

まさに最新のゴミ処理施設と言えるでしょう。

なお具体的な変更点は下記の通り。

●燃やせるゴミ

 ボールペンやおもちゃ(金属含む)を追加

●埋め立てゴミ

 廃止

●危険ゴミ(新設)

 ガラス、陶磁器、包丁など

●その他プラ(新設)

 クリアファイル、歯ブラシ、プラスチックのみで出来たおもちゃなど

●燃やせる粗大ごみ

 指定袋に入らないガラス類などをこちらに追加とする

 

今まで慣習が少し変わってしまうので、大変かとは思いますが、

ゴミ処理問題は環境問題でもありますので、

市民の皆さんで協力し、ルールを守ってゴミ出しをしていきましょう。

 

詳細を知りたい方は下記の東広島市のHPからご確認くださいませ。

https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/seikatsukankyo/8/gomibunbetsuhenkou/27243.html

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。 そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward