アパマンショップ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日(1月から3月は無休です)
2019年07月15日
ブログ

広島国税局が2019年分の路線価を発表

路線価という言葉は聞き慣れないと思う。

路線価とは市街地的形態を形成する地域の路線に面する宅地の1平米当たりの評価額の事を指します。

課税価格をを計算する基準となっている。

 

東広島市の最高路線価はブールバール通り

東広島市でもっとも路線価が高いのはブールバール通りだ。

毎年の事ではあるが、西条駅から広島大学へ続くこの道が一番の中心と言えるだろう。

2018年分の価格は24万円/1平米。

2019年分の価格は25万円/1平米となっている。上昇率は4.2%だ。

 

広島県全体で見ると最大路線価は広島市中区胡町相生通り(南側)となる。

路線価は305万円/1平米。

 

バブル崩壊後に路線価は下がりに下がり続けたが近年は都市部を中心に上昇に転じている。

但し、本当に都市部だけであり、近隣で言えば三原市や竹原市は下がっている。

 

呉市でも上昇しており、人口が減っているからと路線価が下がるという訳でもない。

ちなみに尾道市は横ばいだ。

ただ、最高路線価が横ばいという事はその他は全てマイナスという事だろう。

 

東広島市はその他の地点でも上昇地点があり、また寺家駅周辺も土地相場が上がっている。

人口も増加しており、地方自治体としては申し分ないだろう。

しかし過疎地に目を向けると人口減少が激しい地域もある。

東広島市内全体で住み良い街を作るためにまだまだ改善が必要なのだと思う。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward