アパマンショップ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日
2018年07月14日
ブログ

平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆様へ

この度の災害による被害のお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧を心からお祈り致します。

豪雨とともに広島県の梅雨は終わりを告げました。

 豪雨の日はいつもより雨が多いとは思ってはいましたが、

朝起きて見るニュースに愕然としてしまいました。

 

見慣れた風景が破壊され、交通網が遮断されていたのです。

 

物流が途絶えるという事がどのような事態になるのか、初めて経験致しました。

コンビニやスーパーから食料品がなくなり、ガソリンスタンドは売切れのため閉店しなければならない状況になっていたお店もありました。

 

当店は西条駅の目の前に店舗を構えていますが、JR山陽本線が運行休止となり、人通りは減少しています。

JRの復旧には1か月以上かかるそうです。

 少し街に活気がなくなったようにも見えてしまいます。

 

この事態を鑑み、我々賃貸不動産会社が出来る事をしなければなりません。

それは通常業務をしっかりと行う事です。

お部屋を探している人はこれまで以上に多いからです。

我々でできる事はこれまで以上にお手伝いさせて頂きます。

 

また、会社としては行政と協議し、何をすべきかを計画しています。

また、情報がオープンになりましたら情報発信させて頂きます。

 

今こそ街のお役に立つために、そして皆様のお役に立つことができる会社を実践していきます。

 

お困り事がございましたら何なりとご相談くださいませ。

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward