株式会社プランニングサプライ西条駅前店
9:30~18:30
水曜日(10月18日は臨時休業です)
2020年07月11日
ブログ

中国地方の小売り販売状況

中国経済産業局のまとめでは2020年5月の中国地方の小売り6業態の販売額は前年同月より3.1%下回ったとの事。

新型コロナウィルスの影響とみられ、前年割れは3か月連続。

厳しいばかりではない

小売業は厳しい状況らしい。

確かに今無駄な買い物をする人は少ないだろう。

使えるものは出来るだけ長く使おうともすると思う。

 

しかしながらこの状況下においても売上を伸ばしている業態もある。

家電量販店ではパソコンが良く売れるそうだ。

これはリモートワークが普及した事によるだろう。

私自身はすでにサーフェスラップトップ2を所有していたので、新たに購入するという事はなかったが、自宅にインターネット環境を作り、仕事ができるように整えた人は多いと思う。

また、ドラッグストアも好調らしい。

これは確かにそうだろう。マスクや消毒液など、衛生用品をよく購入するようになった。

 

逆に厳しかった業態に百貨店が挙げられる。

臨時休業もさることながら前年同月比で55.1%のマイナスらしい。

凄まじい数字である。

また意外にもコンビニも3か月連続でマイナスらしい。

個人的にはよく利用しているし、お客さんが減ったという印象はなかった。

 

今の状況は小売り業だけでなく、どの業態も厳しいことには変わりない。

第2波もきそうなくらいだし、致し方ないだろう。

とにもかくにも早く終息する事を切に願うばかりだ。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャー兼西条駅前店の店長となる。このお店ではより自分自身と近い境遇のお客様と接する事が多くなる。地域環境や子育て情報などがより活かされていければと思っている。 そして近畿大学工学部の学生さんとも関わるようになり、今までの学生案件のノウハウを活かし、学生さんのお役に立つよう精進している。
arrow_upward